【ママと子どものココロ相談 番外編】

子育ては悩みのつきないもの。そこで、ママから寄せられた子育てにまつわる相談に、イベント託児や訪問保育をする一般社団法人ぴんぽんはーと代表理事の魚岸あや子さんがお答えします。

今回は、紙面に載せきれなかったお悩みにお答えいただきました。同じ悩みを抱えた時に、ママたちの力になれるように、できるだけたくさんの相談にお答えいただきました。ぜひご覧下さい。

Q .来月3歳の息子と、3月で5歳になる息子の兄弟喧嘩が酷くて手が出る事もあって困っています。
(2歳、4歳の男の子のママより)

A. 兄弟喧嘩について、私も困ったことの1つで色々と試して良かった方法を紹介します。

もし良かったら試してください。

子どもを見てると、くだらない事で一日に何度ももめてます。 スキンシップ?と感じるぐらいです。 社会でのコミュニケーションの練習かもしれないと考えてください。

もうこれ以上は!と感じたタイミングで間に入り、気分転換をさせてあげてください。 わが家では『スルメ』『アイス』などをさっと出して食べてもらってました!

肝心なのが「誰が悪い」とかジャッヂをしない、です。例えば、お兄ちゃんを悪いと言えば言われた方は面白くないので、また兄弟喧嘩に繋がっていきます。

親が評価しないことで、 次第に自分達で折り合いをつけていけるようになっていきますよ。

Q.今年からパートを始めてから、子どもが満足いくような接し方が出来ていない気がずっとしています。遊んで欲しがっていても、やらなきやいけない家事が沢山あってそちらを優先してしまい、申し訳ないと思っています。 (6歳の女の子のママ みーさんより、その他 さゆさん、みん子さんも同様のお悩み)

A. 短くても自分だけに気持ちも、 目も、手さえも全て向けてくれる時に満足できるのです。

ママは、家の中ではやることが、たくさんですよね。 仕事と家事の両立は大変です。

子どもは一緒にいる時間が長いから満足する訳ではないんです。 短くても自分だけに気持ちも、 目も、手さえも全て向けてくれる時に満足できるのです。

なので、もし良ければ絵本を1冊でも良いのでお子さんのために読んでみるのはどうでしょうか。

その時間は、お子さんにとって安心できて、何よりも温もりを感じる大切な時間だと思います。 それだけでお子さんは、満足できると思います。

Q. 幼稚園で嫌な事があってもその場で言えず、帰ってきてから報告をします。自分の気持ちを素直に言えるようになるには、どうしたらいい? (6歳7か月女の子のママ もちこさんより)

A. 子どものペースを見守ることです

子どもの嫌だった気持ちを聞くと親としては切なくなりますよね。

自分の嫌だったこと言葉にできない事には本人なりの理由があると思います。

例えば、諦めてしまったり、ケンカになるのが嫌だったり、どう言葉にして良いの迷っていたり…  

色々とありますが、 1番大切なことは 『子どものペースを見守る』ことです。  ご相談者さんは『嫌なことは伝えてね』と、伝えているので言葉は必ず届いています。 後は、本人が納得がいけば必ず言えるようになりますよ。

ママに嫌だったことを話す事で『解ってくれている』それだけでも安心できているはずです。 そのまま、子どもの気持ちを受け止めながら見守ってあげてください。

* * *

子育てが辛いと感じたとき、少しでもママが楽になりますように。

【ママと子どものココロ相談 vol.1】
・夜泣きがひどいときは?
・3歳児とのかかわり方について
・子どものうそへの対応

【ママと子どものココロ相談 vol.2】
・兄妹げんかの仲裁方法は?
・子どもの食事の量に悩む

ママと子どものココロ相談 vol.3】
・上の子をかまってあげられない
・イヤイヤ期の対応

【ママと子どものココロ相談 vol.4】
・自分に時間と心の余裕がなくてイライラ
・子どもがすぐ怒って泣く

【ママと子どものココロ相談 vol.5】
・人見知り? それとも発達障害?
・ズルをして困っています

【ママと子どものココロ相談 番外編】
・5歳の子どもに対して困っている
・好き嫌いが多い・・・

アドバイザー
魚岸あや子さん

一般社団法人 ぴんぽんはーと 代表理事
札幌市内、近郊などのイベント託児や訪問保育で活動中。
かかわる子どもは延べ1万人以上。
子育ての講演やお話、親子遊びの会などで好評を博している。

ぴんぽんはーと

TOPICS一覧へ

関連記事