札幌市保健所NEWS
引き続き、新型コロナウイルス感染症の基本的な感染対策を徹底しましょう

POINT1 基本の感染対策を継続

【丁寧な手洗い】 水とせっけんで、30秒かけて丁寧にあらう。
【距離の確保】 できるだけ2m以上、最低1mは距離をとる。
【マスクの着用】 人との距離が十分にとれない場合、症状がなくてもマスクを着ける。

POINT2 冬も換気を小まめに行う

寒い時期は窓を開けるのが難しくなりますが、感染対策として換気が重要です。
窓を少しだけ開けて小まめに換気するなど、状況に合わせて適度に行ってください。

POINT3 家庭でも感染対策を徹底

特に重症化しやすい高齢の方などがいる家庭では、積極的に取り組みましょう。

【食器などは共有しない】 小分けに盛る、歯磨き用のコップを別にするなどの対策を。
【トイレはふたを閉めて水を流す】 開けっぱなしだとウイルスが飛散する恐れがあります。
【共用部は小まめに清掃・消毒を】 物の表面についたウイルスは、物の種類によっては24時間~72時間く
らい感染する力をもつといわれています。

札幌市保健所からワンポイントアドバイス!

手あらい

手にはウイルスがついていることがあるのでそれを洗い流します。
ママから子どもに予防する理由も伝えて、冬のウイルス対策を家族みんなで行いましょう。

マスク

くしゃみや、せきと一緒につばが飛び出てウイルスをまき散らすのを防ぎます。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご協力下さい

発熱があり医療機関に行くときは、事前に電話しましょう

この冬はまず電話!

・かかりつけ医等の身近な医療機関にお電話をー

・わからない場合は、救急安心センターさっぽろ(#7119)にお電話を

※一部の電話からはつながりません。つながらないときは TEL 011-272-7119へ
※聴覚に障害がある場合は FAX 011-622-7221へ

TOPICS一覧へ

関連記事