3つの常備菜で1週間を乗り切る! つくり置きカレンダー【DAY1〜DAY2】

アレンジが効く常備菜をつくっておけば、毎日のごはんづくりがスムーズに! そこで、3つの常備菜で1週間を乗り切るレシピをご紹介します。

万能おかず3つをつくり置き!

今回つくり置きする常備菜は、「ゆで鶏」「鶏そぼろ」「チリコンカン」の3種類。使う材料が鶏むね肉やそぼろ肉など、お手頃な価格のものばかりです。

常備菜1:ゆで鶏

【材料(つくりやすい分量)】
◯鶏むね肉……2枚
◯塩……小さじ2
◯水……1,000ml
◯酒……大さじ2
◯ショウガ……1片
◯ネギ……青い部分1本分

【つくり方】
1. 鶏むね肉は皮と余分な脂肪をとって、1枚につき塩小さじ1をすり込み、10分ほど置く。
2. 鍋に水、酒、ショウガ、ネギを入れて火にかけ、沸騰したら鶏むね肉を入れる。3分ゆでたら火を止め、ふたをして余熱で火を通す。

●保存方法
ゆで汁ごと密閉容器に入れれば、冷蔵庫で3〜4日保存可能。冷凍する時はスライスし、汁とは別々にフリーザーバックに入れて保存する。

常備菜2:鶏そぼろ

【材料(つくりやすい分量)】
◯鶏ひき肉……200g
◯しょうゆ……大さじ2
◯砂糖……大さじ1
◯みりん……大さじ1
◯おろしショウガ……適量(チューブで2cm程)

【つくり方】
1. フライパンに鶏ひき肉と調味料をすべて入れ、混ぜ合わせる。
2. 中火にかけ、箸で混ぜながら水分がなくなるまで炒める。

●保存方法
小分けにしてラップに包み、フリーザーバックに入れて冷凍保存。冷蔵の場合は密閉容器に入れて3〜4日で食べきる。

常備菜3:チリコンカン

【材料(つくりやすい分量)】
◯豚ひき肉……200g
◯大豆の水煮……100g
◯ニンジン……1/2本
◯タマネギ……1/2個
◯セロリ……1本
◯カットトマト……1缶
◯サラダ油……大さじ1
◯小麦粉……大さじ1
◯トマトケチャップ……大さじ2
◯塩・コショウ……適量

【つくり方】
1. ニンジン、タマネギ、セロリを1cm角に切る。
2. 鍋にサラダ油を熱し、豚ひき肉を炒める。色が変わったら①と大豆の水煮を加えて炒め、しんなりしたら小麦粉を加えてなじむまで炒める。
3. トマト缶を加えて中火で15分ほど煮る。トマトケチャップを加え、塩・コショウで味を整える。

●保存方法
小分けにしてラップに包み、フリーザーバックに入れて冷凍保存。冷蔵の場合は密閉容器に入れて3〜4日で食べきる。

DAY1:ゆで鶏=シンガポールチキンライス

常備菜アレンジレシピ1日目は、【ゆで鶏】を使ったアジアンテイストのシンガポールチキンライスです。

しょうゆの代わりにナンプラーを使うと
より本格的な味に!

【材料(2人分)】
◯米……1合
◯ゆで鶏……1/2枚
◯ゆで鶏のスープ……180ml
◯トマト……1/2個
◯キュウリ……1/2本

◎タレ
・しょうゆ、酢、砂糖、ごま油……各大さじ1/2
・オイスターソース……小さじ1/2
・ショウガのすりおろし……少々
・ネギのみじん切り……大さじ1

【つくり方】
1. 炊飯器の釜に米とゆで鶏のスープを入れて、通常通りに炊く。
2. タレの材料を混ぜ合わせておく。ゆで鶏は食べやすい大きさにスライスし、キュウリは斜め薄切りに、トマトはくし切りにする。
3. 皿に炊き上がったご飯、ゆで鶏、キュウリ、トマトを盛り合わせタレをかける。好みでスイートチリソースを添えてもおいしい。

DAY2:鶏そぼろ+ゆで鶏=冷やし豆乳坦々そうめん&卵スープ

2日目は【鶏そぼろ】と【ゆで鶏】を使った、さっぱりヘルシーなレシピです。

子ども用にはラー油を抜いて

【材料(2人分)】
豆乳坦々そうめん
*鶏そぼろ……60g
*鶏ガラスープ……顆粒小さじ1/2をお湯30mlで溶く
*豆乳……160ml
*練りゴマ……大さじ1
*みそ……小さじ1
◯そうめん……2束
◯キュウリ……1/2本
◯ラー油……お好みで

●卵スープ
◯ゆで鶏のスープ……300ml
◯卵……1個
◯塩・コショウ……適量

【つくり方】
●豆乳坦々そうめん
1. *をすべて合わせて坦々スープをつくる。キュウリは千切りにする。
2. そうめんは表記通りにゆで、水でしめる。
3. 器にそうめん、スープ、キュウリを盛り付け、好みでラー油をかける。

●卵スープ
小鍋でゆで鶏のスープを温め、沸騰したら溶き卵を流し入れて火を止める。塩・コショウで味を整える。

* * *

3日目〜7日目のレシピは、明日(2020年5月26日)公開予定です。

Recipe&Cooking/林 道子
※この記事は、『まま・ここっと札幌版vol.1 2019年夏号』掲載「ママ&キッズ ランチカレンダー」をWEB用に編集・転載したものです。

TOPICS一覧へ

関連記事