ママだってやりたいことをやっていい【ママプロジェクト vol.1】

子育てという経験を積んだからこそ、仕事や活動に出会い、日々奮闘するママを紹介する「ママプロジェクト」。今回は、歩きはじめたばかりの1歳の息子をおんぶしながらダンスを教えている、HOODSTA DANCE STUDIO(フッドスタ! ダンススタジオ)主宰の西谷 舞さんにお話を伺いました。

※この記事内の情報は、2019年6月10日現在のものです。

踊ることが、何よりも大好き!

5歳からバレエをはじめ、踊ることが何よりも大好きだった舞さん。高校を卒業してすぐに、ニューヨークへダンス留学に旅立ちます。

「世界の頂点で活躍している方々のダンスを目の当たりにし、毎日が刺激的でした。本場のエンターテインメントは、私の人生に大きな影響を与えました」

舞さんにとって、ニューヨークは心のふるさと。「早く愛息子を連れて、遊びに行きたい」と目をキラキラさせながら話してくれました。

札幌市手稲区にある住宅街の中でダンススタジオを始めたのは、2011年のこと。公私ともにパートナーである夫と二人で運営しています。

一生懸命がんばる子どもたちを、時に厳しく、愛情を込めて指導している舞さん。子どもたちの日々の成長に、幸せを感じているそう。

「“ダンスの先生”は仕事だけど、何よりも踊ることが大好きなんです」と、舞さんのダンスへの純粋な気持ちがあるからこそ、踊る楽しさを伝えられているのかもしれません。

ダンスレッスン以外の時間も、振り付けを考えたり、曲探しをしたり、一日の大半はダンスのことを考えています。「いつまでも踊れるように鍛えておきたい」と週に1回はバレエレッスンにも通っているそう。

生涯現役で踊るために、自分自身の成長にも余念がない、真っ直ぐな思いが伝わってきます。

子育てと両立できたのは、周りのおかげ

舞さんは、出産して1週間で仕事復帰をしたそう。それができたのは、近くにいる夫のお母さんや遠方から駆けつけてくれる実母、時には生徒のお母さんなど、子育てに協力してくれるサポーターに支えられたから。

「今では、おんぶしながらレッスンすることもありますよ」とほほ笑む舞さん。

小さいころからの夢だった「ダンスの先生」を、ライフスタイルが変化しても一筋に貫く凛としたまなざしと、子どもをあやしながら踊る優しい表情が印象的でした。

HOODSTA DANCE STUDIO

1年間の集大成を見せるイベント「 GOOD HOOD」を毎年5月に開催。数年前から札幌国際情報高校吹奏楽部のダンプレのダンス指導と振り付けを担当しています。

【基本情報】
住所:札幌市手稲区新発寒6条8丁目12-24
TEL / FAX: 011-699-6219
OPEN:14:00-23:00
お問い合わせ:info@hood-sta.com

※現在の開講状況については教室にお問い合せ下さい。

HOODSTA DANCE STUDIO

TOPICS一覧へ

関連記事