住宅ローン、変動金利と固定金利はどちらがいいの?【ママに役立つ マネーアドバイス vol.4】

ママに役立つお金にまつわる知識を学ぶコーナー。今回はFPで株式会社ルミエール代表の佐藤 剛さんに、住宅ローンの金利について教えていただきます。

変動金利と固定金利、どちらがいいの?

住宅ローンに関する質問で、よく聞かれるのは「変動金利と固定金利、どちらが良いの?」と「繰り上げ返済ってお得?」の2つです。今回は、この2つについて、ご回答しましょう。

まず、「変動金利と固定金利、どちらがいいのか?」について。

私自身はキャッシュフローを重視しているので、「住宅ローンで勝負しない」といつも言っています。

35年間ローンを支払い終わったときに、フタを開けてみれば固定金利よりも変動金利の方が支払額が少なかったとしても、それはそれで良いと話しています。

なぜか? それは、結果論にすぎないからです。それよりも、ローンを支払っている最中に予想もしない金利変動があって支払額が上昇し、毎月の生活に支障をきたすことの方が怖いと考えています。

いまの低金利の状況で固定金利を選んで支払額がきついと思っている方は、住宅ローンの金額自体が適正ではない可能性があります。そのような方は、ぜひ見直しをしてみてくださいね。

繰り上げ返済って、お得?

次にお伝えするのは、繰り上げ返済について。

実は、私が自身の住宅ローンを組む際に決めたことがあります。それは、固定金利にすることと、繰り上げ返済はしないこと、です。

もちろん、繰り上げ返済をしても良いのですが、繰り上げ返済をする場合はキャッシュフローを確認し、「何があっても大丈夫!」と思ってからやりましょう、とお客様には話しています。

例えば、繰り上げ返済をしたために手元に現金がなくなってしまい、子どもが希望する道外の大学に行かせるのをやめた、などとならないようにと言っています。

また、万一、早期の時点で借主に万一のことがあった場合は損になることもあります。

インフレを前提とすれば、繰り上げ返済は損といえます。私野高校時代のファストフード店のアルバイト代は時給450円くらいでした。今はもっと上がっていますよね。

アメリカ人は住宅ローンの繰り上げ返済をする人はいないという話を聞きます。それは、世の中はインフレでお金の価値はだんだんと下がっていくということを知っているからです。

まとめ

*変動金利と固定金利なら、固定金利がお得!

*繰り上げ返済は、お得じゃない場合も。繰り上げ返済をする際は、キャッシュフローを確認して「絶対に大丈夫!」と確信してから。

アドバイザー
佐藤 剛さん

株式会社ルミエール代表取締役。ファイナンシャル・プランナー、証券外務員、相続アドバイザー、DCプランナー(確定拠出年金アドバイザー)、住宅ローンアドバイザー、宅地建物取引士。

ルミエール

TOPICS一覧へ

関連記事